Shellze 世界品質のその先へ。シェルゼ

お問い合わせ

外断熱
外断熱スケルトン・インフィルオール電化L.S.S.
トップページ > 知る > 外断熱

コンクリートは熱くなると膨張し、冷たくなると収縮します。
季節や時間による外気の温度変化の影響を受けやすい在来工法(内断熱)のマンションでは、コンクリートが収縮と膨張を繰り返し、その結果ひび割れが発生しコンクリートが劣化していきます。
外断熱は、断熱材によって外気の温度変化からコンクリートを守ります。そのため、年月がたってもコンクリートが劣化しにくくなります。つまり、住まいの資産価値を長く保つことができるのです。
住まいという大切な資産を守る。それも外断熱の大きな特長です。

 
 
コンクリート躯体が断熱材に包まれ、風雨や日射、温度変化から守られてるので、
年月が経っても劣化しにくくなり、建物の資産価値を長く保つ事ができます。
 
 
ページの先頭へ ▲
back  
明豊エンタープライズ
Copyright (c) 2009 MEIHO Enterprise Co.,Ltd.