Shellze 世界品質のその先へ。シェルゼ

お問い合わせ

外断熱
外断熱スケルトン・インフィルオール電化L.S.S.
トップページ > 知る > 外断熱
窓にも高断熱 結露のない暮らしがこれからの常識

結露は、窓や押入れだけでなく壁紙の裏など目に見えないところでも起きます。
結露は、湿気を好むカビを発生させ、それをエサとするダニの温床になってしまいます。
カビの胞子やダニの糞・死骸を吸い込むとぜん息やアトピーの一因となります。
シェルゼの外断熱は、断熱材をコンクリートの外側に配置することによりコンクリートの温度と室温の差が少なく、結露の発生を抑制します。
さらにシェルゼはLow-E複層ガラスと樹脂製サッシを採用して、断熱材を施すことのできない開口部分の高断熱化を図り、その結果として結露の発生を一層抑えます。

 
結露のしくみ
冬季に発生する窓や壁の結露は、部屋内の暖かく湿った空気が窓ガラス面やコンクリート面で冷やされると発生します。外断熱ではコンクリートの温度が室温に近く高いので結露が発生しにくくなり、在来工法(内断熱)ではコンクリートの温度が外気の影響を受けて低くなるので、結露が発生しやすくなります。
 
断熱性を高めるLove-E複層ガラス
窓のガラスを一枚の単層から複層にすることにより断熱性が高まります。さらに複層ガラスの中でもLow-E複層ガラスを採用することで、通常に比べて日射熱を約40%に軽減。屋外から侵入する暖気・冷気を抑え、室内で保たれた温度を屋外へ逃がしにくくし、冷暖房効率を高め、冬季の結露の発生も抑制します。
 
熱伝導率が極めて低い高断熱樹脂製サッシ
アルミの約1/1000の熱伝導率のPVC樹脂で作られた、高断熱樹脂製サッシを採用。夏には熱気を、冬には冷気を招き入れず、快適環境をキープし、冬季の結露の発生を抑制します。住まいの中で熱損失がもっとも大きいといわれる窓まわりも、シェルゼはしっかりとケアしています。
高断熱樹脂製サッシ
 
ページの先頭へ ▲
back next
明豊エンタープライズ
Copyright (c) 2009 MEIHO Enterprise Co.,Ltd.